LED電球の明るさ比較


スポンサードリンク


LED電球は、節電対策の影響もあって大変人気があります。
LEDの電球は以前からも話題になっていますが、電力の消費がとても低いため、とてもエコな電球なのです。
LED電球には、広角タイプ、中角タイプ、狭角タイプというものがあります。
中でも広角タイプは、広い範囲が明るくなるもので、狭角タイプと比較すると光度は下がるようですが、この広角タイプが人気で、明るさのあるものでしたらルームランプに最適ですし、それほど明るさのないものはフットランプなどに向いています。
クリスマスツリーや街路樹などのイルミネーションに使用されているLEDランプが広角タイプです。
LED電球には調光器対応型というものがあります。
これは、既設の白熱電球用調光器がそのまま使用できるというもので、調光器の付け替えなどが要りませんから、調光器対応でないものと比較すると、工事費用の削減ができるため、負担の少ない導入が可能です。
LED電球を購入の際は、調光器対応かどうかなどもチェックするといいでしょう。
また、最近人気が急上昇しているものが、充電式LED電球です。
この充電式というのは、普段は電球として使用でき、その間は充電式になっているというもので、停電のときには充電式LED電球が単独でライトになり、懐中電灯替わりになるという優れものです。
こちらも通販やホームセンターで人気の商品です。
LEDがどのくらい付いているかによって、明るさは違いますが、停電時に部屋を照らすくらいの明るさはあります。
震災以来、エコで便利な電球を使った商品が多く売られるようになりました。
これらの商品をうまく利用して、エコで便利な生活を送りたいですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。